Azureファイルサーバー構築・移行サービス

オンプレミス環境のファイルサーバーでこんなお悩みありませんか?

  • 容量追加など管理や拡張に工数がかかる
  • 災害や障害、ケアレスミスによる削除などに備えていない
  • セキュリティ対策や運用に人的リソースがかかる
  • クラウドへ移行したいがノウハウやリソースがない

オンプレミス環境では数年後を予測しながらストレージを購入することは難しいでしょう。拡張作業や災害・障害対策など、ファイルサーバーの管理だけでもかなりの工数が発生します。

そのお悩み、Azureファイルサーバー構築・移行サービスが解決します!

Azureファイルサーバーとは?

Microsoft AzureのIaaS上に仮想マシンを構築し、ファイルサーバーを運用します。オンプレミス環境での運用と同様の操作性で、オンプレミスでのADを用いたアクセス権限の管理も可能です。

Azureファイルサーバーのメリット

Microsoft AzureのIaaS上に
仮想マシンを構築し、ファイルサーバーを運用

  • 必要に合わせた
    柔軟で簡単な拡張性

    仮想ディスクは必要なときに必要な分だけ拡張可能です。数クリックで増設できます。

  • 管理工数削減

    サーバーなどのハードウェアの保管場所や管理は不要です。故障を見越した対応策も必要ありません。

  • セキュリティ強化

    自社の拠点からのアクセスのみを可能とすることができるなど、セキュリティの担保が可能です。アクセス制御はAzureポータルで設定できます。Azureとオンプレミス間を暗号化されたインターネット経由で接続するVPNや、専用の回線(ExpressRoute)などを用いることで安全なアクセス経路を構築できます。

  • 低コストなバックアップ体制で災害対策

    Microsoftの規定により、Azure環境では3重でミラーリング。さらに、東日本・西日本と2つのデータセンターがあり、Azure Backupなどの機能で冗長構成を取れます。BCP対策、DR対策が可能です。

Azureファイルサーバー構築・移行サービスの特長

Azure環境構築からデータ移行までトータルサポート

  • Azure環境構築からデータ移行までトータルサポートが可能
  • お客様の要望に合わせて最適な冗長構成をご提案

システムのダウンタイムを最小限に

  • データ移行に専用回線(ExpressRoute)を使用し、安定したデータ移行を実現

豊富なクラウドシフト実績

  • シーイーシーでは、Microsoft関連資格者が700名以上在籍
  • Azureを含めクラウドシフトの経験が豊富

Azureファイルサーバー構築・移行サービス構成例

Azureファイルサーバー構築・移行サービス構成例の図

サービスメニュー

サービス 作業概要 作業詳細 参考価格
(初期費用)
Azureファイルサーバー構築・移行サービス 仮想マシン構築・設定 ・仮想マシン作成
・OS基本設定(仮想マシンの日本語化、
Windows Update適用)
・既存ドメイン参加
・共有設定
・仮想マシンバックアップ設定

¥401,500~

Azureネットワーク設定 ・仮想ネットワーク作成
・ExpressRoute設定
ヒアリングシート作成 ・Azure環境構築のヒアリングシート(パラメーターシート)作成
データ移行 ・ExpressRoute(クラウドゲートウェイ クロスコネクト 1G接続プラン)を使用したデータ移行
【参考価格の前提条件】
・データ移行容量:1TB
・データ移行方法:robocopyコマンド
・クラウドゲートウェイ クロスコネクト帯域:1GB
※ファイルやフォルダーの共有権限はrobocopyコマンドで共有権限を含めてコピーするため、新たな設定は発生しないことを前提
¥825,000~
ExpressRoute回線設定 ・ExpressRoute(クラウドゲートウェイ クロスコネクト 1G接続プラン)のネットワーク回線をひく
・オンプレミス側のVPNルーター設定
※データ移行後はExpressRoute廃止や帯域変更可能
個別見積
オプション Azure運用監視
・仮想マシンの死活監視 個別見積

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

03-5789-2482

Webからのお問い合わせ

page top