Power Platform

シーイーシーは、Power Platform 導入を強力にサポートします。

HOME > サービス紹介 > Power Platform

Microsoft Power Platformは、データの収集から解析・予測まで、一気通貫かつローコーディングで実現可能なプラットフォームです。
Office 365やDynamics 365、その他のスタンドアローンアプリケーションと横断的に連携させることができます。

Power Platformイメージ

Power Platform 3つのアプリケーション

  • Power Apps
  • Power Automate
  • Power BI
  • 本当に必要なアプリを
    イメージどおりに短時間で構築
  • あなたのアプリに強力な
    自動化ワークフローを素早く組み込み
  • あらゆる業務のデータから
    ビジネス促進のインサイトを発見
  • PowerApps
  • PowerAutomate
  • PowerBI
    • PowerPointのUIとExcel関数の感覚で作れるキャンバスアプリと複雑な業務プロセスにも対応できるモデル駆動型アプリ
    • あらゆるデータソースと連携、さらに業務で生まれるデータを集約統合
    • スマートフォンやタブレット、Webブラウザでアプリの利用が可能
    • あらゆるアプリケーション、サービスに連携し、ワークフローと業務プロセスを自動化
    • 分岐・並列処理・条件付き分岐、ループなどが必要な高度な業務プロセスに対応
    • 一般的なビジネスシナリオのテンプレートが豊富
    • Excelの操作感で素早く効率的にレポートを作成、共有
    • AIや機械学習機能によりだれでも高度な分析が可能
    • ビジネスに合わせてカスタマイズされた対話型リアルタイムダッシュボードを作成

Microsoft Power Appsとは

Microsoft Power Appsは、PowerPointのような直観的な操作と、Excelのような関数を入力するだけでビジネスアプリケーションを作成できるマイクロソフトのローコーディングツールです。
企業内には、ERP、CRM、メール、グループウェアなどの既存のツールではカバーできない、多くの自動化・データ化の対象となる業務があります。これらの業務をサポートするビジネスアプリケーションを、スクラッチ開発ではなく、ローコーディングツールであるPower Appsを使うことで、短期間で「作成」することができます。

【Microsoft Power Appsの特長】

  • ノンコーディング / ローコーディングで容易にアプリ開発が可能なプラットフォーム
  • 標準搭載のコネクターやカスタムのコネクターであらゆるデータに接続
  • Common Data Serviceにデータを保存することで、データを一元管理
  • Office 365やAzure、Dynamics 365、Power BI、Power Automate との統合
  • 強固なエンタープライズレベルのガバナンスとセキュリティ
  • 高度な拡張性
Power BIイメージ

Microsoft Power Automateとは

マイクロソフトのワークフロー自動化エンジン「Microsoft Flow」に、RPA機能が追加され、2019年11月に「Power Automate」として新たにリリースされました。
Microsoft Power Automateは、Office 365、Dynamics 365などのマイクロソフト製品を含む様々なアプリケーションとのコネクターを250個以上サポートしています。そのため、お客様のお気に入りのアプリケーションとサービスの間に、通知の取得、ファイルの同期、データの収集などを自動化するワークフローを、簡単かつ迅速に作成することができます。

【Microsoft Power Automateの特長】

  • ワークフローと業務プロセスを自動化
    パワーユーザー向けにワークフローと業務プロセスをすばやく自動化可能にし、Common Data Serviceと200種類以上のデータソースと連携
  • 業務プロセスをドラッグ&ドロップだけで設定
    簡単な2ステップの業務プロセスはもちろんのこと、分岐・並列処理・条件付き分岐、ループなどが必要な高度な業務プロセスにも対応
  • 業務内容を軸とした設定が可能
    社内で最適化された業務プロセスをもとにシステム上に設定可能
Power Automateイメージ

Microsoft Power BIとは

ここ数年の間で、データ分析の専門知識がなくても簡単にデータの集計や分析が行える新たなタイプのBIツール「セルフサービスBI」製品が普及しつつあります。Microsoft Power BIは、マイクロフトが開発したセルフサービスBIに分類されるツールで、Excelのような操作感で簡単にデータ分析したり、Power Pointのようにレポート作成をすることが可能です。ユーザーは、IT部門にデータ分析の依頼をかけることなく、自らデータを集計、分析したり、経営層への報告レポートの作成が可能になります。

【Microsoft Power BIの特長】

  • プログラミングをせずにダッシュボードやレポートを作成可能
  • モバイルやWebでの閲覧が可能。モバイルアプリも用意されている
  • ビジュアル性の高いレポーティング、ダッシュボード作成機能
  • Dynamics 365やAzureとの連携はもちろん、マイクロソフト以外のSaaSにも対応
  • データソースからの定期更新が可能
Power BIイメージ

シーイーシーのPower Platform導入ソリューション

自社でアプリケーションを作成されるお客様向け

  • 教育サービス

    ハンズオン形式でお客様先でトレーニングを実施します。

  • PoCサポート

    対象となる業務の選定やトライアルとしてのアプリケーション作成を、オンサイトおよびリモートでご支援します。

  • リモート開発サポート

    弊社技術者が、お客様からのお問い合わせにリモートでお答えします。

アプリケーション作成を外注されたいお客様向け

  • コンサルティングサービス

    システム化したい業務とPower PlatformのFit率分析、システム化範囲の検討・計画作成をご支援します。

  • 導入支援サービス

    Power Apps、Power Automateによるアプリケーション作成をご支援します。

Page Top